「宇宙一わかりやすい高校物理」の使い方・勉強法、レベルを解説していく

更新日:  

宇宙一わかりやすい高校物理

あなたは、「宇宙一わかりやすい高校物理を買ったけど、使い方がわからない」と 悩んでいませんか?

そこで今回は、「宇宙一わかりやすい高校物理」の使い方・勉強法、使いべき人のレベルや最終的に 到達できるレベルを紹介していきます。

ぜひ、参考にして下さい。

「宇宙一わかりやすい高校物理」を使うべき学力・レベルとは?

「宇宙一わかりやすい高校物理」を使うべき人とは、 物理の記述模試の偏差値が50以下、共通テスト物理の点数が6割以下 の人が使うと良いです。

「宇宙一わかりやすい高校物理」は、物理が全然できない人向けに書かれているので、 すでに偏差値55以上の人や 旧帝大や早慶レベルの難関大を目指している人には、不要な参考書と言えます。

本書は物理の解説の部分にたとえ話を多く使っているので、ある程度物理が出来る人からすると、逆に分かりにくいというデメリットが あります。

しかし、今まで物理が苦手だった人からすれば、 今までの参考書にはない解説の方法なので、物理に対する苦手克服の突破口に なる可能性もありますよ。

「宇宙一わかりやすい高校物理」で最終的に到達できるレベルとは?

「宇宙一わかりやすい高校物理」を完璧に仕上げると、 最終的には記述模試で偏差値50、共通テスト物理で7割程度 取れる学力が付きます。

なので、地方国公立大や中堅私立大を志望しており、物理は2次試験にはなく共通テストだけ、と言う人にはおススメの参考書です。

もし、2次試験に物理があったり、物理を得点源にしたい場合は本書だけでは足りないので、 「物理のエッセンス」や「良問の風」と言った問題集を取り組んだ方が良いです。

「宇宙一わかりやすい高校物理」の使い方・勉強法

本書は「力学・波動」編と「電磁気・熱・原子」編の2冊に別れており、それぞれを最初のページから読むのは時間がかかって非効率的です。

なので、本書で物理を理解する際には、

  • 自分の苦手な分野・単元
  • 現在、授業で勉強している単元
  • 自分の志望校や共通テスト物理で頻出の単元

この3つの判断基準を基に、優先すべき単元から勉強していくのが良いでしょう。

解説を読んだ後に別冊問題集で問題を解く

本書を使う時は、必ず解説を読んだ後に、その解説に該当する別冊問題集の問題を解くようにしましょう。

例えば、1-1の解説を読んだ後に、1-1に対応した問題を解き、次に1-2の解説を読んで1-2に対応した問題を解く、と言う 要領で取り組んでいきます。

解説を読んだだけでも理解はできますが、きちんと知識として定着させるためにも必ず問題を解くべきです、

もし、問題が解けなかった場合は、 問題にバツ印を入れておき、後で重点的に復習をするようにしましょう。

公式の証明を理解して共通テスト物理の対策をしよう

本書で最も役に立つのが、公式の証明を丁寧に解説してくれる所です。

たまに共通テスト物理では、「公式を完璧に理解できてないと解けない問題」が出題されることがある。 その時に、公式を理解しているかしていないかで、ライバルに5~10点との差が簡単についてしまいます。

それに、公式の証明の理解は、物理の偏差値が55~60の人でも疎かになっていることがあるので、自分の得意な単元の公式でも 一度確認しておいた方が良いでしょう。

問題集と併用して得点力を付けよう

本書は、あくまでも参考書なので、これ1冊だけを完璧に仕上げても成績の伸びは実感できないです。 なので、問題集と併用して使うことをオススメします。

使う問題集は、「 物理のエッセンス 」が良いでしょう。この物理のエッセンスは、入試に頻出の問題を多数掲載しており、今まで多くの受験生の成績を上げてくれた良書です。

基本的には、「宇宙一を読む→物理のエッセンスを解く→疑問に思ったこと、分からない所があったら宇宙一で調べる」と言う流れで勉強していけば、成績はどんどん伸びていきます。

偏差値70越えには「Z会」がおススメ

あなたは、「偏差値70以上の学力を身に着けて、ライバルをぶち抜きたい」と考えていませんか?

そんな人には、「Z会」をおススメします。私自身もZ会を使う事で、今まで伸び悩んでいた学力が 3か月で偏差値73まで到達することができました

詳しくは以下の記事に書いているので、参考にしてください。

私の成績を3か月で偏差値73まで上げてくれた「Z会」を紹介する

Related Posts