「ポレポレ英文読解プロセス50」のレベルや使い方・勉強法を紹介していく

更新日:  

あなたは「ポレポレ英文読解プロセスで勉強しようと思うけど、どうやって勉強すれば良いのか分からない」 と困っていませんか?

そこで今回は、ポレポレ英文読解プロセス50のレベルや難易度、さらには使い方・勉強法までを詳しく解説していきます。

ぜひ、参考にして下さい。

「ポレポレ英文読解プロセス50」を使うのに適した学力。レベルは?

「ポレポレ英文読解プロセス50」は優れた参考書の1つですが、ポレポレを使う前に最低限、以下の学力は確保しておくと良いです。

  • 共通テスト英語筆記で7割以上取れる
  • 英単語帳は、8割以上はマスターしている

使用する英単語帳に関しては、「ターゲット1900」でも「DUO」でも何でも良いですが、今自分が使っている英単語帳は8割以上はマスターしておきたい所です。

なぜなら、ポレポレに出てくる例文はどれもレベルが高く、英単語力が低い状態だと、 「英単語力が低いせいで英文が読めないのか、構文把握能力がないせいで読めないのか」の判断がつきにくくなるからです。

他にも、「Next Stage」等の文法問題集で基礎的な英文法や慣用句などの知識を増やしていると、なお良いです。

「ポレポレ英文読解プロセス50」で到達できる偏差値はどれくらい?

ポレポレをマスターすることで、英語長文がすごくスラスラ読めるようになりますし、 最終的に英語の記述模試で偏差値70、共通テスト英語筆記で9割は取れるようになります。

なので、志望校が東大、京大、早稲田、慶応はもちろん、その他旧帝大レベル(難関大)の人は、ポレポレを完成させることで 英語に関しては合格圏内が狙えます。

逆に、偏差値55程度を目指す地方国公立大、私立大を志望する人には、ポレポレはレベルが高すぎると感じています。 このレベル帯の人は、単語帳や文法問題の完成度を高めた方が志望校に合格できるでしょう。

「ポレポレ英文読解プロセス50」の使い方・勉強法

以下は、「ポレポレ英文読解プロセス50」の勉強法を紹介していきます。

1、英文を読む時は日本語訳するのではなく、構文を意識して読む

本書には50の英文が掲載されていて、英文を読む時には単に日本語に訳すのではなく、 「主語、述語、関係詞、副詞がどれなのか?」と言った英文の構造(構文)を把握しながら英文を読む ようにしましょう。

最初の内は「主語とか関係詞とか分かる訳ないだろwww」と思うかもしれませんが、読めなかった英文に関しては、 単に日本語訳を確認するのではなく、しっかりと解説の部分を熟読するようにしてください。

ポレポレが名著たる所以はこの解説の部分にあって、 解説の部分には「どれが主語で、どれが関係詞で」と構文を把握する際の道筋、過程が 書かれています。

そもそも、ポレポレの英文は非常にレベルが高いので、最初の内は全く読めないと思いますが、 解説の部分をしっかりと理解した上で、2回、3回と復習することで少しずつ理解を深めていくのが重要です。

2,最低でも3回は復習、定期的に復習をしていく

ポレポレは1回英文を読むだけで理解できるのは滅多になく、2回3回と復習をしていくことで、初めて理解ができるようになっています。

なので、ポレポレは最低でも3回は復習をするようにしましょう

とは言っても、掲載している英文が50個と少なく、英文を読むだけで良いので、復習の時間はそこまでかかりません。

なので、学校や予備校の休み時間とか、ご飯の準備のちょっとした時間などのスキマ時間を使って復習をすると効率が良いです。

3、分からない単語は単語帳で調べる

ポレポレは1993年初版の古い参考書なので、出てくる英単語もそれなりに難しく、そもそも「今の指導要領の範囲外の単語だろww」 と突っ込みたくなる単語もあります。

なので、もし、英文に出てくる単語が分からなければ、自分の単語帳で調べて、その都度覚えるようにしましょう。

もし、単語帳に載っていない単語であれば、その単語は現在の指導要領の範囲外の単語帳なので、別に覚える必要はありません。 それよりも、構文把握の勉強をやりましょう。

4、長文読解を平行してやらない

ポレポレと並行して、長文問題集を使って長文読解をするのは非効率的です。

受験生の多くは、早く成績を上げたいあまり、長文問題を多く解きたがる傾向がある。

しかし、長文問題は結局の所、「英単語、文法、熟語、構文把握の総合問題」に過ぎないので、 長文問題を多く解くよりも、英単語、文法、熟語、構文把握の知識・理解を深めたほうが、 点数の伸びは大きいのです。

それに、ポレポレを3周以上繰り返して、瞬時に構文把握ができるようになれば、 長文問題も今までより正確に、早く解けるようになります。

ポレポレが完成したら、次にやるべき参考書・問題集は何?

ポレポレが完成した後は、基本的にはスキマ時間を利用して単語帳、文法問題、ポレポレの復習をしていけばOKです。

後は、「やっておきたい英語長文」などの長文問題集を1冊やって、長文問題の解き方を慣らしておいて、志望校や共通テストの過去問を解いておけば、合格圏内に到達できます。

偏差値70越えには「Z会」がおススメ

あなたは、「偏差値70以上の学力を身に着けて、ライバルをぶち抜きたい」と考えていませんか?

そんな人には、「Z会」をおススメします。私自身もZ会を使う事で、今まで伸び悩んでいた学力が 3か月で偏差値73まで到達することができました

詳しくは以下の記事に書いているので、参考にしてください。

私の成績を3か月で偏差値73まで上げてくれた「Z会」を紹介する

Related Posts