数学「白チャート」の使い方|共通テストで8割取りたい人向けの勉強法

白チャート 使い方

数学の成績を伸ばしたいけど、黄チャートや青チャートは解説が意味不明すぎて理解できない

このように思っている、数学が苦手な受験生は多いのではないでしょうか?

本サイトでも「数学の偏差値を上げたければ、黄チャート、青チャートの勉強をすべし」と強く主張していますが、 元々数学が苦手で黄チャートですらキツイと言う人は、白チャートの方が良いです。

もちろん、白チャートでもしっかりと勉強していけば、共通テスト(センター試験)で8割以上、中堅私立レベルまで実力を上げることが可能です。

そこで今回は、白チャートを使った勉強法を紹介していきます。

ぜひ、参考にして下さい。

白チャートのレベル・難易度はどれくらいなのか?

まずは、自分の学力が白チャートに適しているのかを、確認しましょう。

チャート式で有名な色は、「白、黄、青」の3種類があるが、それぞれ以下のような特徴を持っています。

  • 白・・教科書レベル。偏差値50以下の人が使うべき問題集
  • 黄・・教科書応用~入試基礎レベル。文系や数学が苦手な理系におすすめ
  • 青・・教科書応用~入試標準レベル。これさえマスターすれば、旧帝大も合格圏内に到達可能

つまり、偏差値50以下であれば白、偏差値50以上であれば黄、偏差値55以上であれば青を使うのが理想でしょう。

もし、あなたが東大や京大、早稲田、旧帝大と言った難関大を目指したいのであれば、白チャートだけでは物足りませんが、 その後の黄・青チャートのステップアップとして使う分には良い教材です。

実際に、白チャートの例題は教科書で見るような問題ばかりで、章末問題にあたる「EXERCISES」で教科書の章末問題レベルの問題が掲載されています。

なので、勉強の流れとしては、例題で基礎を作りEXERCISESで共通テストの模試や定期テストで点数が取れる実力を付ける、と言う流れになります。

白チャートの使い方・勉強法

それでは、実際にどのようにして白チャートを使っていくのかを見ていきます。

白チャートの勉強で心がけるのは、以下の3つです。

1、まずは例題を解いて自分の弱点を知る

白チャートの問題は

  • 例題
  • 類題
  • EXERCISES
  • 章末問題

と4種類の問題が用意されていますが、最初は例題のみを解くようにしましょう。

なぜなら、白チャートの類題やEXERCISESは、例題とほぼ同じような問題や少し発展的な内容でしかなく、 似たような問題を複数解くよりも、同じ問題を何回も解きなおした方が、脳の定着効率も良いからです。

まずは例題を1ページ目から解いていき、自分の弱点となる分野、問題形式は何なのかを把握していきましょう。

「白チャートの問題を見ても全然意味不明だ」と言う場合は、1分考えてすぐに答えを見てよいです。 そして、その答えと解き方を覚えて、再度問題を解き直す時に解けるように心がけます。

具体的な方法は、1日10問解くようにしていきます。そして、正解した問題には、問題番号に○を付けて、間違った問題、何となく正解した問題には×を付けていきます。

なぜ問題番号に○とか×を付けるのかと言うと、後で復習をしやすくするためです。

例えば、「1+1」みたいにすでに解き方を知っている問題を復習しても、絶対に成績は上がらないです。 しかし、今現在解き方が分からない問題が解けるようになれば、その分だけ必ず成績が上がるのです。

なので、「どこが得意でどこが不得意か?」を印を付けることで、学習効率をグッと上げることに繋がるのです。

2、とにかく復習をしていく

白チャートの問題を全部解き終えたから、今度は2周3周と繰り返し復習をしていきましょう。

その時に復習をするのは、×が付いた問題だけ。○の問題は、テスト前にちょっと見直すだけで十分です。

また、例題の下に「類題」があると思うが、それは解かなくて良いです。

なぜなら、例題と類題は数字が変わっているだけで解き方は全く同じだし、 脳の性質からして、似たようなものを一緒に覚えるより、1つのことを覚えた方が記憶に残りやすいのです。

復習は、何回しても無意味なことはないです。数学が出来る奴ほど、センスとか才能とかよりも、地道な復習を完璧にこなす傾向があります

数学の成績を上げるのに必要なのは、センスとか魔法みたいなものではなく、日々の小さな積み重ねにあることを肝に銘じましょう。

3,章末問題を解いていこう

例題がある程度(2,3周くらい)終えたら、章末問題「EXERCISES」に取り掛かりましょう。

おそらく、例題が完璧でもEXERCISESで急に解けなくなる場合があるが、気にしなくて良いです。

わからないなら分からないなりに、解説をしっかりと読んで、解き方を理解し覚えるようにしましょう。

意外かもしれませんが、センター数学や中堅私立の問題は、白チャートの例題や章末問題と結構似たような問題しか出ないです。

なので、章末問題が解けなくても解法を理解し覚えるだけでも、今まで解けなかった模試の問題が解ける様になるはずです。

白チャートが終わった後は何を勉強すれば良い?

白チャートが終わって、目標としている点数が取れている場合は、他の教科の勉強をした方が良いです。

逆に、まだ点数が足りていない場合は、黄チャートや青チャートで共通テスト9割レベル、2次試験レベルの問題を 解けるようにしていくと良いです。

参考記事:黄チャートの使い方|偏差値65を突破するための4つの方法 — 秘密結社旧帝大~大学受験勉強法 —

スポンサーリンク

Related Posts