秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

「読んで見て覚える重要古文単語315」の使い方と勉強法

読んで見て覚える重要古文単語315

「2次で配点の高い英語や数学に勉強時間を費やしたいから、古文に時間をあまり充てたくないです。」

このように思っている受験生も、多いのではないでしょうか?

確かに、古文は文理問わずメインの教科ではないかもしれませんが、受験でも重要な教科である事に疑いようがないです。 (なぜなら、文理問わず、センター国語の配点は高い傾向にあるから)

しかし、2次の教科に比べて重要度が低くなるので、あまり時間をかけたくない、と言う気持ちの方が強いでしょう。

そんな時にオススメなのが、「読んで見て覚える 重要古文単語315」です。 今回は、この「重要古文単語315」の使い方・勉強法を紹介していきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク


「重要古文単語315」で勉強する範囲

まずは、具体的な勉強法の説明に入る前に、「重要古文単語315」のどこを勉強するべきかを説明していきます。

本書を見てもらうと分かるが、本書は古文単語だけではなく、様々な古文の知識を網羅している単語帳でもあるのです。

しかし、この中で勉強すべきなのは、古文単語315語と慣用句40語のみ。余裕があれば、和歌のルールもやっておくと良いです。 なお、慣用句とは、英語の「come up with」等の熟語のようなもので、覚えていないと絶対に訳せないものです。

「古文常識を勉強した方が良い」と言う人がいるかもしれませんが、古文常識は「知らないより知っておいた方が良い」と言う程度のものでしかないです。 入試問題は基本的に、単語と文法を覚えておけば、文章を訳せて答えを出せるようになっているので、古文常識まで勉強するのはオーバーワークになりかねないです。

文法の識別は、ハッキリ言って、本書で勉強するよりも本格的な文法の参考書で勉強するのが望ましい。 なぜならば、文法は古文の問題を解く上で超重要な要素であるし、高得点を狙うためには深い理解が必要になってくるからです。

「重要古文単語315」の使い方

ここからは、「重要古文単語315」の具体的な使い方を紹介していきます。ぜひ、今後の学習の参考にして下さい。

まずは見出し語を覚える

本書は、見出し語315語、関連語209語の古文単語が収録されているが、まずは入試に頻出の見出し語315語と慣用句40語を覚えていきましょう。

単語を覚える時は、見出し語の横に描かれているイラストを活用すると覚えやすい。 例えば、「おどろく」と言う単語を覚えたい時には、「おどろく」の見出し語の横に描かれている、男の子が目覚まし時計で目を覚ましているイラストも一緒に覚えると、より記憶に定着しやすくなります。

また、イラストが自分にとって印象に残りにくかったり、そもそもイラストが描かれていない場合は、自分でイラストを勝手に作るのも効果的な暗記法です。 下手なイラストを描いても、逆にそれが印象に強く残ったりするのです。

どんな方法であれ、まずは見出し語と慣用句の暗記を3周以上は繰り返そう。3周繰り返した頃には、大半の単語は記憶できるはずです。

関連語を覚えよう

見出し語と慣用句を覚えた後は、関連語を覚えていきましょう。なお、関連語は、2次試験で古文を受験する人のみ覚える様にしましょう。 センター古文は、見出し語と慣用句を覚えるだけで十分です。

関連語にはイラストがなく、覚えるのに少し苦労するが、似たような意味の単語と結び付けて覚えていくと良いでしょう。

和歌のルールを理解しよう

単語を暗記して余裕があれば、和歌のルールも覚えていく。和歌のルールを覚えなくても入試問題は解けるが、ルールを知っておくと、文章中の和歌の意味を把握しやすくなるメリットがある。

しかし、ルールを覚えると言っても、大まかなルールだけで良いです。例えば、枕詞や掛詞の種類を覚える等の細かい所の勉強はしないで、句切れの方法や和歌特有の表現法などを理解するだけで良いです。

ある程度ルールを把握した後は、センター過去問の問題中に出てくる和歌を読んでみたりして、実戦力を鍛えていけば、和歌に対する苦手意識はなくなるでしょう。

読んで見て覚える重要古文単語315
武田 博幸 鞆森 祥悟
桐原書店
売り上げランキング: 725

確実に成績を上げたい人へ

あなたは、確実に成績を上げて志望校に合格したい、と思っていませんかか?

実際に、ボクも勉強をしても中々成績が上がらない時期がありましたが、 脳の活性化に良いサプリを飲むことで成績を上げることができました。

詳しくは、以下の記事に書いているので参考にしてください。

たった3か月でボクの偏差値を10上げてくれたサプリとは?実体験を元に紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連する記事