秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

数学チャート式の色の選び方とチャート式の勉強法

数学チャート式

あなたは、数学の勉強を、どの色のチャート式で勉強すれば良いのか、迷っていないでしょうか?

チャート式は、数学の基礎を固めるのに最適な問題集だが、多くの高校生や受験生は、チャート式を有効に使わないでいるし、 自分に合ったチャート式の色を選べないでいる。

確かに、4色の中から選ぶのは大変だが、本記事を読み終わった頃には、あなたは、どの色のチャート式を選んで、どのように勉強 すれば良いのか理解できるでしょう。

本記事の通りに、数学の勉強をすれば、成果が出るのを保障します。

スポンサーリンク


チャート式は偏差値50以上は青色、それ以下は黄色を使おう

チャート式は、偏差値50以上の人は青色を使い、50以下の人は黄色を使いましょう。チャート式は青と黄が、入試に出題されやすい形の 問題を収録しているし、難易度も程良くできています。

他にも、白と赤があるが、白は簡単すぎて入試に必要な学力は付かないし、赤色は難しすぎて途中で挫折してしまいます。

実際に、ボクは青チャートを3周以上も復習したころには、偏差値60は軽く超えていた。青チャートだけでも、十分に旧帝大に必要な 偏差値を付けることができるのです。

新課程チャート式基礎からの数学1+A
チャート研究所
数研出版
売り上げランキング: 722
新課程チャート式解法と演習数学1+A
チャート研究所
数研出版
売り上げランキング: 2,909

チャート式勉強法|基本例題と重要例題だけ解く

チャート式は分厚いので、全部の問題を解こうと思ったら、途中で絶対に挫折してしまいます。そうならないためにも、チャート式は 基本例題と重要例題だけ解くようにしましょう。

基本例題と重要例題には、入試問題を解く上で基礎となる考えや、問題を解く解法パターンが多く含まれている。基本例題や重要例題は、 問題文を見なくても、問題と解法パターンが思い浮かぶくらい、何回も繰り返し解いていきましょう。

参考記事:黄チャートの使い方|偏差値65を突破するための4つの方法

基本例題、重要例題を完璧にするための勉強法

しかし、チャート式は例題だけでも、400問近く問題数が掲載されている。400もの問題の解法パターンを理解して、覚えるには 難しく思うかもしれませんが、誰にでも覚えれる方法はある。

例えば、1日10問ずつ問題を解くことにしましょう。1日目は、はじめの10問。2日目は次の10問を解くわけだが、2日目は1日目に 解いた問題の内、分からなかった問題の復習をします。

そして、3日目は次の10問と、1、2日目の分からなかった問題をしていきます。分からなかった問題は、次の日に答えを導き出しても、 完全に定着させるために、また次の日も再度復習をしましょう。

人間の脳は、何度も繰り返し覚えようとする情報は、重要な情報だと判断してくれて、非常に覚えやすくなる性質がある。この脳の性質 を上手に活かして勉強をするのが良いです。

参考記事:数学で偏差値70を取るまでに行った超具体的な4つの勉強法

チャート式で勉強をするべき問題とは

上記で述べたように、チャート式は問題数が多く、全てをこなしていくのは困難です。基本例題と重要例題だけ勉強すると決めても、まだ 問題数は山ほどあって、全てを消化することはできないです。

とりあえずは、問題を一通り解いてみよう。そこで、解いた問題の番号の所に、簡単に解けたら○、考えて解いたら△、解けなかったら ×の印をつけよう。

○がついた問題は、もう勉強する必要はないです。あなたにとって、○が付いた問題は、1+1みたいに当たり前の事であったから、 簡単に解けることができたからです。

しかし、△と×の問題は、まだ自分の頭で消化しきれていない情報があったから、簡単に解くことができなかった。つまり、△と×の 問題を完全に理解して、覚えれば、数学の力は付いていくと言うことになります。

確実に成績を上げたい人へ

あなたは、確実に成績を上げて志望校に合格したい、と思っていませんかか?

もし、そうであれば、「Z会」で勉強をするのが良いです。Z会は、あなたの現在の学力や志望校、苦手分野に適した 教材を用意してくれるので、勉強に集中できます。

今なら資料請求をすれば、入試に頻出の問題が収録されている無料教材をゲットできるチャンスです。

>Z会の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連する記事