秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

東大数学で7割取るための対策・勉強法

東大に合格するためには、数学でどれだけ点数を稼げるかどうかで決まる、と言っても過言ではないです。

しかし、多くの受験生は、東大数学で合格点を取るためにどんな勉強をすれば良いのか悩んでいるのではないでしょうか?

そこで今回は、東大数学で7割を取るための対策・勉強法を紹介していきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク


東大では数学が最重要科目

東大では、理系文系問わず、数学が受験突破のための最重要科目だと言えます。なぜならば、数学が最も合格者と不合格者の差を生む教科であるからです。

例えば、文系の場合は英語や国語で差がつく事は滅多にないし、理系も物理や化学で差がつく事はないです。これらの教科は、対策も比較的容易だし、勉強をすればするだけ、結果はきちんとついてくるからです。

しかし、数学に至っては、計算ミスをしたり、問題の発想ができなかったりして大きな差を生み出すことになります。つまり、数学で点数をしっかりと取れば、グッと合格を引き寄せることが可能なのです。

東大数学の対策・勉強法

では、具体的にどのように勉強をして行けば良いかと言うと、以下の3つを徹底的に行うのが良いです。

基礎力を充実させる

東大数学と言えども、基礎力の定着なしには絶対に問題を解く事ができないです。むしろ、東大数学は基礎がきちんとできていれば、それなりに解けるような良問が多いのが特徴です。

基礎力を鍛えるためには、「青チャート」や「1対1の対応の演習」などの例題問題を何回も復習するだけで良いです。実際に、大半の入試問題は、これらの問題集に掲載されている問題と似たような問題 ばかりが出題されているのです。

では、具体的にどのようにして勉強していけば良いかと言うと、以下の通りにやると良いでしょう。

基礎力を定着させるために勉強法

例えば「1対1の対応の演習」で勉強をするとしましょう。最初に1日何問解くかを決めて、毎日決められた問題数を解くようにします。

今回の例では、1日5問解くと決めたとしましょう。そしたら、1日目は5問を解くのだが、2日目は次の5問と1日目で解けなかった問題を復習していくのです。

人間の記憶力は、1週間前のことなんか完璧に忘れるぐらい大したことがないので、このように繰り返し復習をしていくことで、問題の解法や知識を定着させていくのが良いです。

公式を理解する

東大数学では、ただ公式を覚えて計算が出来るだけではダメで、その公式がどのように成り立っているのか、その公式の証明はどんなものか?を知っているかどうかが大きなカギを握る。

公式を暗記ではなく理解をしておけば、もし、ど忘れした時に自分で公式を作り出すことができるし、ちょっとひねった問題を出されても、どのような方針で問題を解けばよいのかが分かる。

公式を理解するためには、ただ受験勉強だから数学をやっていると言う意識ではなく、好奇心によって数学について知りたいと言う能動的な学習が必要になってくる。

問題は最後まで自力で解くようにする

いくらか問題を解くのに慣れてしまうと、頭の中で解法や計算を思い浮かべて、それだけで満足してしまうがちになります。

しかし、その学習法はかなり危険で、いざ今まで見たことがない問題が出題されると、何をどのようにして解けばよいのかが分からなくなるのです。

ボクたちの脳は、インプット(知識の定着)とアウトプット(知識を出す)時に、別々の神経回路を使っている。つまり、これら2つの能力は、全く別の能力なので、それぞれを万遍なく鍛えていく必要がある。

なので、もし、数学で合格点を狙っているのであれば、地道に計算をしていき問題を最後まで解くようにしましょう。

ボクが偏差値10上げたとっておきの方法

あなたは、今すぐにでも偏差値を10上げて、志望校合格に大きく近づきたいと思っていませんか?

そんな人には、Z会の通信教育をオススメします。 実際に、ボクも宅浪の1年間の時に、Z会を利用することで偏差値を3ヶ月で10上げることができました。

今なら資料請求をすると、見本の教材が無料で手に入るので、興味のある人は資料請求をしてみると良いでしょう。

>>Z会の公式サイトはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連する記事