秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

宅浪生にZ会を勧める3つの理由

あなたは、「宅浪で1年間やっていくけど、本当に志望校に合格できるだろうか」と不安になっていませんか?

宅浪で一番怖いのは、「勉強はしているけど、その勉強内容で本当に成績が上がるのかが分からない」という所です。学校であれば、先生が教えてくれるかもしれませんが、 宅浪はとにかく自分の力だけで走っていくしかないです。

そこでオススメしたいのが、「Z会」です。

実際にボクも、1年の宅浪の時にZ会を使うことで、九大でA判定を出すまでに学力を伸ばすことができました。

確かに、Z会は月5000~10000円と普通に独学するよりもお金がかかりますが、 それだけの価値のある教材・サービスを提供してくれるのも事実です。

今回は、そんなZ会を勧める3つの理由を紹介していきます。

なぜ宅浪にZ会が向いているのか?

そもそも、宅浪とは自分だけの力で勉強していくスタイルと言えます。なので、完全に自分のペースで勉強できると言うメリットの反面、 問題の答え合わせも自分だけでやらなくてはいけないと言うデメリットもある。

マーク式の問題であれば、このデメリットはあまり感じられないかもしれませんが、記述式だと致命的になりかねません。

特に国語や英語の記述問題や自由英作文だと、どういう表現が正しいのか、どのように改善すればもっと良い文章になるのか、と言う部分が全く見えてこないのです。

そんな時に使えるのが、Z会。 添削の量はもちろん、「どこでミスったか」「どのように改善すれば良いか」がハッキリと書かれている ので、今後どこに力を入れて勉強をしていけば良いかの指標になりますし、モチベアップに繋がります。

Z会は自由英作文の強い味方になる

よく学校の先生は「英作文の勉強の基本は、基本例文を覚えることだ」と言いますが、これだけでは、とても2次記述では太刀打ちできません。

なぜなら、英作文の点数を上げるために本当に重要なのは、「覚えた基本例文を元に、自分のオリジナルの文章を自由に作れるようになること」にあるからです。

そのためには、自分の頭だけで問題を考えて、その答案を誰かに見てもらう必要があります。なぜならば、自分の答案の良し悪しを自分で正しく判断をする、と言うのは不可能だからです。

Z会などの添削指導を受けることで、自分の英作文を客観的に分析してくれるので、宅浪には心強い味方になりますね。

受講生1人1人に最適な教材を配布

Z会では常に最新の入試情報をチェックしており、受講生に最適な教材を提供しているのが特徴です。

市販の問題集であれば、幅広いレベルの受験生を対象せざるを得ないため、どんなに良書でも、自分にとっては「この問題は使えないわ」と思う問題も中には含まれています。

しかし、Z会では「東大コース」とか「国公立大コース」など細かくレベル別のコース分けがされているので、自分の志望校のレベルに適したテキスト・問題集で勉強をすることができます。

勉強のペースを簡単に調整できる

宅浪だと、勉強のスケジュールなども自分で立てないといけないが、Z会だと、Z会が最適な勉強スケジュールを提供してくれるので、あなたはその通りに勉強していくだけで良いです。

ボクが宅浪で一番苦労したのは、スケジュール作りでした。この負担を減らすだけでも、宅浪の成功率は間違いなく上がるでしょう。

今ならZ会で無料の資料請求をすると、教材の見本(簡単な問題集)がもらえますよ。

>>Z会の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

関連する記事