秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

「マーク式基礎問題集 数学」のレベルや使い方を紹介する

「マーク式基礎問題集 数学」のレベルや使い方

あなたは、「数学はセンターのみだから、効率よくセンター対策を進めていきたい」と、思っていませんか?

そんな人には、河合出版の「マーク式基礎問題集 数学」がおすすめです。 あくまでもマーク式の問題の対策のみができる参考書ですが、 センター数学の対策をするには打ってつけの教材と言えます。

そこで今回は、「マーク式基礎問題集 数学」のレベルや使い方・勉強法を紹介していきます。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク


「マーク式基礎問題集 数学」の推奨レベル

「マーク式基礎問題集 数学」は、学校の授業や定期テストで数学の基礎を一通り終えた人が使う、と言うレベルの問題集です。 主に、センターのみの受験やマーク式の私大対策に使えます。

なので、「学校の定期試験では70点ぐらいは取れるけど、センター数学の模試になったら6割も取れない」と言う人が使うと、 効率よく点数を伸ばすことができます。

しかし、本書はマーク式の問題に特化した作りになっているので、解説も「記述の試験だったら点数もらえないだろ」と思えるぐらい ポイントだけを抑えた解説文になっています。

本書をマスターすれば、センター数学で8割、上手くいくと9割は取れる実力を付けることができます。

「マーク式基礎問題集 数学」の使い方・勉強法

まずは自分の力で問題を解いていく

とりあえずは、最初は自分の力で問題を解いていきましょう。本番のセンター試験の様に、大問1つにつき15分の制限時間で解くと良いです。

そして分からなかった問題については、問題番号にチェックを入れていき、後で復習がしやすいようにしておきます。

答え合わせの時には、ただ解説を読んで理解するだけでなく、似たような公式がないかを教科書でチェックするようにします。 例えば、三角関数であればsinやcosの公式など似たような形がたくさんあるので、ついでに覚えていくと、 センター数学の応用力がついていきます。

最低でも3回は復習するようにする

センター数学は、問題を1回解いただけでは何も身につきません。 2回、3回と解きなおすことで初めて知識として定着していき、 本番のセンター数学においても、その知識を応用して問題を解くことができます。

よく「数学はセンスだ、思考力だ」とか言いますが、 センター数学に関しては問題のパターンがある程度決まっているので、 公式や問題の解き方を覚えるだけで7割、8割は狙えますよ。 (センター満点を目指すのであれば、2次レベルの内容をする必要がありますけど)

「マーク式基礎問題集 数学」の問題数は1冊60問なので、 「1日10題ずつ解く」と決めてしまえば、約1週間で1周終わらせることができて 3週間で3周復習ができると考えれば、決して無理な目標ではありません。

本書が終わった後はセンター過去問や模試を解いていく

「マーク式基礎問題集 数学」を終えた後は、あとはひたすらセンター数学の過去問や 全統模試などの模試の過去問を解いていきましょう。

基本的には、「マーク式基礎問題集<センター過去問≦全統模試」と言う難易度になっているので、 本書で基礎を身に付けた後は、それをセンター本番に使える形に直す必要があります。

大体センター数学の過去問を5年分解いていくと、センター数学の難易度や、 「この問題は難しいから飛ばした方がよい」と言う感覚が養われていくので、 10~20点ほどさらに点数が伸びます。

マーク式基礎問題集数学1・A (河合塾シリーズ)
長谷川 進
河合出版
売り上げランキング: 88,008
マーク式基礎問題集数学2・B (河合塾シリーズ)
久徳 高彦
河合出版
売り上げランキング: 77,162

確実に成績を上げたい人へ

あなたは、確実に成績を上げて志望校に合格したい、と思っていませんかか?

実際に、ボクも勉強をしても中々成績が上がらない時期がありましたが、 脳の活性化に良いサプリを飲むことで成績を上げることができました。

詳しくは、以下の記事に書いているので参考にしてください。

たった3か月でボクの偏差値を10上げてくれたサプリとは?実体験を元に紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連する記事