秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

「ステップアップノート30古典文法基礎ドリル」の使い方と勉強法

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル

古文の文法は、ただ参考書を見て暗記するだけではダメで、実際に自分で使いこなせるようにならなければならないです。

そんな時に使えるのが、「ステップアップノート30古典文法基礎ドリル」です。これを使えば、古文文法に関しては、センター満点を狙えるレベルに到達することができます。

今回は、このステップアップノート30の使い方・勉強法を紹介していきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク


ステップアップノート30の使い方

ステップアップノート30の学習効果を最大限に伸ばすためにも、以下の3つの使い方を実践していきましょう。

1日2単元ずつ勉強していく

受験勉強において、古文はあまり重要でない教科だ、と言うのはもはや常識でしょう。なぜなら、2次試験で配点が高い英語・数学・理科の方が主戦場になりやすいからです。 (文系で2次に古文がある場合も、そこまで古文で差がつかないので、やはり主戦場は英語・数学になる)

なので、古文にあまり勉強時間を費やしたくはないです。目安としては、2ヶ月。どんなに長くても3カ月で仕上げたい所です。

なので、このステップアップノートは、1ヶ月で仕上げる事を目標にしていきます。本書は30単元に分かれていて、3周ほど繰り返し復習をしたいので、 最初の1周目は1日2単元ずつ勉強していきましょう。(15日で終了)

そして、2周目はある程度問題に慣れてきているので、1日3単元ずつ。3周目は、間違えた問題だけを解いていく感じでやっていくと、無理なく1ヶ月で仕上げることができます。

前日の勉強の復習を欠かさず行う

1日2単元ずつ勉強するのと並行して、前日に勉強した単元の復習も必ずやるようにしましょう。 なぜならば、人間の脳は3日前の事は80%以上忘れてしまうぐらい能力が低いので、復習を毎日行わないと、勉強の成果が目に見えて現れないからです。

しかし、何回も復習をすることで、脳により強く記憶が刻まれていき、3回ほど復習をした辺りから強く記憶に定着していくようになるのです。

ただ、復習と言ってもガッツリやっていく必要はないです。文法の意味とか活用形の確認、間違えた問題を目で見るだけで解き直してみる等、簡単な復習だけで良いです。

これをやるかやらないかで、学習効率が数倍違ってくるし、1ヶ月続けるだけで大きな差が出てきます。

問題を解いて習熟度を把握しよう

本書で勉強して、ある程度できるようになったと実感してきたら、実際に入試問題を解いてみよう。センターのみの人であればセンター過去問を、2次がある人は志望校の過去問や 似た傾向の問題を解いていきましょう。

問題文を読んでいる時に、ただ読んでいくのではなく、「この文法の意味は○○で、活用形は××」と言う風に文法を識別していくようにしましょう。

「文法の参考書では分かるのに、問題中に出てくる文法の意味が読み取れない」と言う受験生がたまにいるが、それは文法の参考書ばかり勉強した弊害でもあります。

このように、実際の入試問題で自分の文法の理解度を把握したり、文法の応用力を鍛えたりすることで、確実に本番に強い文法力を付ける事ができます。

文法の勉強と並行して実戦問題もしていく

あなたにも、英語のテストの時に「英単語帳で覚えたはずなのに、単語の意味が出てこない」と言う経験はないでしょうか?

あのような事は、ただ単語や文法を覚えただけで、その覚えた知識をアウトプットする練習をしていないから起きることなのです。これは、古文の単語や文法でも当てはまる事です。

このような事態を避けるためにも、文法の勉強と並行して問題を解く技術を身に付けていきましょう。

例えば、「元井太郎の古文読解が面白いほどできる本」を使えば、覚えた文法をどのような形で問題を解くのに使えば良いかが分かるようになります。

実際に、ボクの友人もこれでセンター満点を取ったし、志望校にも受かる事ができた。

改訂版 元井太郎の 古文読解が面白いほどできる本
元井 太郎
KADOKAWA/中経出版
売り上げランキング: 64,918

ステップアップノート30古典文法トレーニングを勉強するべきか?

おそらく多くの方は、「本書が終わった後は、本書の応用編の『ステップアップノート30古典文法トレーニング』を勉強するべきか?」という疑問を持っているでしょう。

結論を先に言えば、わざわざ買う必要はないです。なぜなら、「ステップアップノート30古典文法トレーニング」は、結局は「基礎ドリル」の問題を難しくしているだけであって、 真新しい内容はどこにもないからです。

それよりも、先ほど説明したように、入試問題を通して文法の実戦力を鍛えていく方が、はるかに効率的だし、力が付くのです。

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)
井上 摩梨
河合出版
売り上げランキング: 324

確実に成績を上げたい人へ

あなたは、確実に成績を上げて志望校に合格したい、と思っていませんかか?

もし、そうであれば、「Z会」で勉強をするのが良いです。Z会は、あなたの現在の学力や志望校、苦手分野に適した 教材を用意してくれるので、勉強に集中できます。

今なら資料請求をすれば、入試に頻出の問題が収録されている無料教材をゲットできるチャンスです。

>Z会の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連する記事