秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

ライバルと30点差をつけるセンター数学勉強法

センター数学勉強法

センター試験の勉強をしていると、勉強しているのに中々点数を伸びないと嘆いているのではないでしょうか?

センター試験は基礎レベルの問題しか出題されないと言われているが、かと言って思ったより簡単に点を取らせてくれないです。

センター数学で70点を取るのは、公式を覚えて使いこなせるようにして、その後に実戦練習を積めば良いです。しかし、 多くの受験生が苦労するのは、7,80点から90点以上を安定して取れるようになる事です。

だが、勉強のコツさえ掴めば、9割を取ることもそんなに難しくはないです。以下は、1Aと2Bに分けて説明しましょう。

スポンサーリンク


センター数学1Aの勉強法

センター数学1Aで一番の難所は第3問の「図形と計量」です。この部分でつまづいてしまう事が多いのでは ないでしょうか?

「図形の計量」を解く上では、「方ぺきの定理」などの高校で習った知識だけを完璧に身に付けても満点は望めないです。実は、 「図形と計量」を解く上で大事なのは、中学で習った知識なのである。

中学で習った知識とは、例えば、「円周角は中心角の角度の半分の大きさ」などです。一応、中学の学習範囲はセンター試験の範囲内であるのにも 関わらず、中学の勉強を疎かにしている人があまりにも多い。

しかし、逆に言えば中学の知識を身に付ければ1Aでライバルたちを大きく引き離すことができるわけです。

だが、残念ながら中学で習った知識を復習するなど、普通は中学の教科書を残している人しかできないです。

そこで、「きめる!センター数学I・A」を勧める。タイトル通りセンター数学1Aに特化した問題集だが、中学の範囲もカバーしている珍しい問題集です。

きめる!センター数学I・A&II・B【新課程対応版】 (きめる!センターシリーズ)

センターに必要な事だけをバシッと書いているので、1カ月で仕上げることができ、即効性があるのも魅力です。

センター数学2Bの勉強法

センター数学2Bは解ける時はスラスラ解けるのに、解けない時は大問のはじめの方で解けずに大量失点と言うことがよく起こると 感じていないでしょうか?

そもそも、あなたは大問のはじめに出題される問題はどのような物かを知っているでしょうか?答えは公式の証明部分 が出題されているのである。

あなたが、数学はただ公式を使いこなして問題を解いているだけで、公式の証明の勉強を全くやったことがない状況ならば、すぐに 公式の証明を理解して覚えることを強く勧める。

公式の証明を理解し覚えれば、はじめの方の問題につまづくことはなくなるし、全体的な数学の学力の底上げにも繋がる。

公式の勉強をするのに、教科書ほど適した教材はない。もし、捨てたのであれば友達に借りよう。

センター数学2Bが全くできない人の勉強法

もし、あなたがセンター数学2Bで6割以下しか取れないのであれば、問題演習をたくさんこなす ことを勧める。

センターで7割取れないと言うことは、公式を覚えているか自体怪しいので、問題を解きながら公式や解法をマスターしていくのが良いです。

はじめは、問題に全く歯が立たないと思うので、問題を解かずに、答えにたどり着くまでの解法パターンを覚える のが良いです。なぜなら、分からない問題を次々と考えるのは、つらすぎるからです。

使用する問題集は「チャート式 センター試験対策数学1A 2B」 です。意外に知られていない問題集だが、センターで7割を目指すのにはうってつけの教材です。これを2,3周やったころには数学の苦手 意識も克服できています。

確実に成績を上げたい人へ

あなたは、確実に成績を上げて志望校に合格したい、と思っていませんかか?

もし、そうであれば、「Z会」で勉強をするのが良いです。Z会は、あなたの現在の学力や志望校、苦手分野に適した 教材を用意してくれるので、勉強に集中できます。

今なら資料請求をすれば、入試に頻出の問題が収録されている無料教材をゲットできるチャンスです。

>Z会の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連する記事