秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

センター数学を独学で9割目指す勉強法

センター数学は、一般的には独学は厳しいと言われている教科です。特に、センター数学2Bの独学は困難な道であることが予想される。

かと言って、センター数学の独学は不可能なことではないです。実際に、独学でセンター数学の点数が9割を達した人も何人もいるのです。

では、彼らはどうして9割も点数が取れたのか?それは、適切な勉強法を実践したからに他ならないです。

今回は、そんなセンター数学を独学で勉強して、本番で9割取る勉強法を紹介していきます。ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク


センター試験で必要な能力とは?

最初に言っておくが、センター試験で必要な能力は、数学的なひらめきでも発想力でもないです。 どれだけ多くの解法パターンを身に付けているかで、センター数学の点数が決まるのです。

実際に過去問を見てもらうと分かりますが、センター数学の問題の形式は毎年決まったパターンで出題されていることが分かります。 例えば、数学2Bの微分・積分の問題は、必ず直線の傾きを求めさせるし、あとは「接線の方程式を求めよ」とか「2直線の交わる点を求めよ」 と言った問題が良く出題されていますね。

つまり、この事から分かる事は、センター数学においては才能は全く必要なく、解法パターンを覚えていく事で何とかできることが分かるでしょう。

センター数学の独学の勉強法

先ほどセンター数学では、解法パターンを覚えるのが大事だと言いました。では、どのようにして解法パターンを覚えていけば良いかと言うと、 何回も反復して問題を解いていくのが一番です。

その何回も解く問題と言うのは、いわゆる基礎・標準問題と言った問題です。教科書の例題や章末問題のレベルぐらいの問題です。

教科書はセンター対策に適していない

しかし、教科書でセンター数学の勉強をするのはオススメしません。なぜなら、教科書は以下の2つの点で、不完全な教材と言えるからです。

入試まで限られた時間しかない受験生にとっては、教科書がいかに非効率的な教材であることが分かります。

もし、あなたがセンター数学で成功を収めたい場合は、

この2点に気を付けて問題集を選ぶべきです。

詳しいセンター数学の問題集の選び方は、以下の記事に書いているので参考にしてください。

参考記事:センター数学問題集|必ずチェックしておくべき7冊

同じ問題を反復して解いていく

センター数学では、同じ問題を何度も何度も解き直すのが重要になってくる。

例えば、あなたは1週間前の夕飯のメニューなんてさっぱり忘れていることでしょう。ボクたちの脳なんてものは、それぐらいの記憶力しかないのである。 しかし、センター本番は今から数か月も先にある。だから、1回解いただけで高得点が取れることなんて、あり得ないのです。

ボクの経験上、最低でも3回は繰り返し解かないと、模試やセンター本番で使える知識にはなりませんでした。 もちろん、復習の量が多ければ多いほど、記憶も強固になるので、より高い点数を目指すのであれば、根気強く復習をしていきましょう。

公式はネットで調べる

センター数学では、覚えておくと便利な公式が多くある。例えば、微分の1/3とかの公式は重宝することになるでしょう。

このような公式は独学においては、ネットで調べるほかないです。「微分 センター公式」と言った感じでGoogleで調べれば出てくると思う。

また、上記の様な計算が楽になる公式だけでなく、通常の公式の証明も理解するようにしよう

例えば、センター数学2Bの三角関数や数列の最初の方の問題では、公式の証明部分に関する問題が良く出題されます。 中途半端に数学がデキる人が、センター数学でコケる部分は、大体このような問題が多いので、面倒くさがらず公式を理解するのが大事です。

確実に成績を上げたい人へ

あなたは、確実に成績を上げて志望校に合格したい、と思っていませんかか?

もし、そうであれば、「Z会」で勉強をするのが良いです。Z会は、あなたの現在の学力や志望校、苦手分野に適した 教材を用意してくれるので、勉強に集中できます。

今なら資料請求をすれば、入試に頻出の問題が収録されている無料教材をゲットできるチャンスです。

>Z会の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連する記事