秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

センター化学で満点を取るための最終チェック4項目

センター化学満点

センター化学は、物理ほど簡単ではないが、満点は可能です。

しかし、暗記科目と言う性質を持っている反面、少しも知識に穴が開いてはいけない厳しさがある。

今回は、センター模試で満点を取ったことのある管理人が、センター化学で満点を取る時に、勉強で気を付けた事を紹介しましょう。

このページの内容は、現在のセンター化学で、8割以上を安定して取れている人が対象です。8割以下のの人は、 センター化学勉強法の3つの手順を参考にして下さい。

では、早速説明に移ろう。成果は保障します。

スポンサーリンク


化学式を完璧に書けるようになろう

センター化学は、マーク式の問題にあるのにもかかわらず、化学式が書けないと解けない問題が何問か含まれている。特に、有機分野 で習う化学式は、大問1にも出題される可能性が高いので、重点的に勉強しましょう。

センターで満点を狙うのであれば、センターレベルだけでなく、2次レベルの内容の化学式も覚えておけば万全を期するでしょう。

無機分野は、化学反応式が書けないと解けない問題が、例年1問は必ず出題される。無機分野の勉強をする時は、暗記だけでなく、 計算問題もやっておくのが良いです。

無機・有機の暗記はセンター1カ月前に集中してやろう

センター1カ月前までは、理論と有機の計算問題を中心に勉強をしていくのが良いです。なぜならば、これらの分野は、時間をかければかけるほど 点数が上がっていく分野なので、早めに対策をすることで満点に近づいていくからです。

しかし、無機・有機の暗記分野は、安定して7~8割取れる状態にしておいて、センター1カ月前になってから本気で取り組むようにしましょう。

センター1カ月前は、理解するよりも、とにかく頭に知識を詰め込んでいった方が得点力は伸びていく。特に、無機分野はそれが顕著に 表れる。

あなたが使っているセンター化学の参考書の内容が、全部頭の中に入った状態にまで極めていきましょう。そこまでなれば、無機・有機は 満点を取ったも同然でしょう。

学校の授業で習っていない所も勉強しよう

学校で習っていないからといって、センター化学に出題されないとは限らないです。むしろ、学校で習わなかった分野が、センター化学で 出題されやすくなっている。

理論分野で言えば、燃料電池。あまり授業で触れられていない人も多いでしょう。しかし、センター化学で燃料電池が出る可能性は 大いにある。

とにかく、センター化学の参考書を買って、本格的にセンター化学の勉強をした方が良いです。「センター化学が面白いほど~」や 「センター試験必勝マニュアル化学1」が評判の参考書です。

日常で起こる化学反応を覚えよう

センター化学では、たまに日常生活で見られる化学反応を問題に出題してくることがある。これに関しては、事前に知識がないと、 解けない問題なので、きちんと対策をしておく必要がある。

ボクは、「センター試験必勝マニュアル化学1」で勉強したが、高校や予備校の先生にプリントを用意してもらうのも良いでしょう。

ボクが偏差値10上げたとっておきの方法

あなたは、今すぐにでも偏差値を10上げて、志望校合格に大きく近づきたいと思っていませんか?

そんな人には、Z会の通信教育をオススメします。 実際に、ボクも宅浪の1年間の時に、Z会を利用することで偏差値を3ヶ月で10上げることができました。

今なら資料請求をすると、見本の教材が無料で手に入るので、興味のある人は資料請求をしてみると良いでしょう。

>>Z会の公式サイトはこちら

スポンサーリンク

関連する記事