秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

知っておくと得する、センター英語の勉強法

センター英語勉強法

言うまでもなく、センター英語が大学受験の中でも勝負所の一つとなります。

ここをどう切り抜けるかで、センターの2日目や2次試験にも大きく影響を及ぼすことになるでしょう。

あなたはセンター英語で成功するかどうか不安だと思うが、安心しましょう。

センター英語は適切な勉強法さえやっておけば、8割、9割は取れるように問題ができているのです。

個人的な話で恐縮だが、ボクのセンター英語の成績は、

現役6月模試・・120点。現役センター本番・・160点。1浪センタ―本番・・180点。このように順調に点数を伸ばすことができた。

今から実際にボクが受験生時に行ったセンター英語の勉強法を紹介していきたい。是非とも参考にして下さい。

スポンサーリンク


センター英語は発音の勉強をやるな

センター英語で必ずと言っていいほど、第1問にはアクセント・発音問題が出題されるが、この分野に関しては 全く勉強しなくていい

なぜならば、第1問の配点は1問2点ずつの合計14点で、しかもマークを適当に2とか3とか塗っておけば、勘だけで6点くらいは 取れるからです。

つまり、たった8点のために100~200もの単語の発音を覚えないといけないのです。そんなのバカバカしくて やってられないでしょう。

センター英語で8割や、9割を目指している人は長文や文法の対策をやろう。その方が2次試験でも役に立つし、英語の力がつく。

文法は深く勉強しすぎないようにしよう

センター英語を勉強していく上で、「UPGRADE」や「Next stage」などの網羅形の文法書を使う受験生は多いでしょう。それらを使うのも 良いが、まずは基本的な文法だけをしっかりと勉強した方が点数をしっかりと取れるようになります。

文法は覚えるよりも理解していった方が良いです。なぜならば、文法を理解する事で、英文の見方が変わり今までよりも早く意味を理解できるように なるからです。つまり、速読の効果があるわけです。

文法を理解するためには、「仲本の英文法倶楽部」という参考書を活用すると良いです。他の文法書でもいいが、まずは網羅形よりも講義形 の文法書から勉強すると、長文読解にも役に立つ。

「Next stage」等の網羅形の参考書は、ある程度ゆるやかなスピードで勉強していって、センター1カ月前に集中して覚えるのが良いです。

英単語を1600語をマスターすれば8割は取れる

センター英語の長文の文章は、英単語と熟語さえ覚えておけば読める文章が多いので、英単語を覚えるだけでも十分にセンター英語 で8割は狙える。

1600もの英単語を覚えるためには、毎日2ページずつ覚えていき、覚えた単語は、通学時間などのスキマ時間で復習 をすると効率よく勉強ができます。

英単語を1日に覚えるのは2ページまでにしましょう。もし、勉強のやる気があって一気に10ページを覚えたとしたら、やる気が ない日には、「この前10ページ覚えたから、今日はやらなくていいや」と思ってしまい、次の日もズルズル引きずってやらなくなる 可能性があるからです。

センター英語の長文に時間を多くとろう

センター英語の長文の勉強は、過去問を利用しましょう。過去問を時間を測りながら解いていき、解き終わったら解説をじっくりと読んで、 どうしてこの選択肢が正解なのかを、きちんと理解しましょう。

センター英語は数をこなしていくことで問題の解き方が分かってくるので、最低でも本試追試共に5年分は解いておきたい。

確実に成績を上げたい人へ

あなたは、確実に成績を上げて志望校に合格したい、と思っていませんかか?

実際に、ボクも勉強をしても中々成績が上がらない時期がありましたが、 脳の活性化に良いサプリを飲むことで成績を上げることができました。

詳しくは、以下の記事に書いているので参考にしてください。

たった3か月でボクの偏差値を10上げてくれたサプリとは?実体験を元に紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連する記事