秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

センター物理勉強法|ボクが半年で9割を取った超具体的な勉強法

センター物理勉強法

あなたは、センター物理の勉強をどのようにしたら良いのか分からずに、途方に暮れているのではないでしょうか?

確かに、センター物理は他の理科科目と比べて9割以上を取りやすい教科ではあるが、苦手な人にとっては中々大きな壁となっているでしょう。

しかし、安心しましょう。これから紹介する、ボクが半年で9割を取ったセンター物理の勉強法を実践すれば、必ず満足のいく点数が取れるようになるはずです。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク


センター物理の出題内容とは?

まずは、センター物理の勉強法の紹介の前に、センター物理の出題内容をおさらいしていきましょう。

下の表は、2015年度のセンター入試で出題された問題の配点を示したものです。 これを見て分かるように、センター物理では力学・電磁気・波動・熱力学と万遍なく出題されている事が分かる。

つまり、「力学が出やすいから、力学を中心に勉強をしよう」と言った、ヤマを張る勉強法はセンター物理では全く通用しないのです。

センター物理で9割越えは可能か?

「ヤマを張っても全く通用しない」と聞くと、かなり難しい教科と言う印象を受けるが、そんなわけでもないです。 確かに、物理は他の理科科目と比べて理解するのは難しい科目だが、適切な勉強法さえ実践すれば、誰でも9割越えは可能なのです。

そして、これからの説明では、どのような勉強法が間違っていて、どのような勉強法が正しいのかをじっくり解説していくことにします。

センター物理の間違った勉強法

上記の事を理解していないで、間違ったセンター物理の勉強法をしている受験生はあまりにも多い。

なので、正しい勉強法を紹介する前に、どのような勉強法が間違っているのかをチェックしましょう。 もし、あなたが間違った勉強法を今まで実践していたのであれば、今すぐ正しい勉強法に直すようにしましょう。

センター本を中心に勉強すること

今では、数多くのセンター物理に関する参考書・問題集が出版されているが、大半の参考書はセンター過去問の使い回しだったり、 センター本番よりレベルの低い問題を集めた問題集だったりします。

これでは、とてもセンター本番に太刀打ちできないです。

センター物理は、基本的には過去問と同じ問題は出題されないようになっている。確かに、似たような問題は何回も出題されているが、 問題の考え方が全く違ったり、全然違う答えになったりするように作られているのです。

また、いくらセンターのレベルより低い問題を繰り返し復習をしても、センター物理を解けるようにならないのは、明白です。 なので、センター関連の問題集をメインに使うべきではないです。

過去問を何回も解き直すこと

先ほども言ったように、いくら過去問を復習したとしても、その内容がセンター本番で出題されることはゼロだと思って良いです。

センター物理の過去問を解くのは、あくまでもセンター物理の問題の傾向に慣れることが目的なので、1回だけ解いておくだけで十分なのです。

正しいセンター物理の勉強法とは

ヤマを張るのもダメ、過去問を解きまくるのもダメ。それでは、正しい勉強法とは何か?と疑問に持つかもしれませんが、正しいセンター物理の勉強法は至って単純で、以下の2つを とにかく徹底することです。

驚く事に、たったこの2つの事を徹底的に守っていくことで、現時点の学力がどうであれ、必ずセンター9割を突破することができます。

以下は、具体的にどのようにセンター物理を勉強していけば良いのかを説明していきましょう。

1冊の問題集を完璧に仕上げる

大学受験勉強法に関するサイトでは、どのサイトでも言われている事だが、1冊の問題集を何回も繰り返し使って完璧に仕上げるのは重要な事です。

では、実際に、どの問題集をどのようにして完璧に仕上げれば良いのか?

物理のエッセンスだけで十分

物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)
浜島 清利
河合出版
売り上げランキング: 700

物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)
浜島 清利
河合出版
売り上げランキング: 660

センター物理では、基本的に「物理のエッセンス」シリーズだけで、十分に9割を狙う事ができます。旧課程の時はややオーバーワーク気味だったエッセンスだが、新課程に入ってからは センター対策にちょうど良い分量と難易度になっている。

先ほどは、「過去問の問題はセンター本番に出ない」と言ったが、エッセンスの問題は数字を変えたり、少しだけ問題を付け加えたりして出題される可能性が高い。 旧課程の話だが、実際に力学の問題で、エッセンスの問題の数字を変えただけの問題がセンターに出た事があるのです。

また、センター対策だけでなく2次対策にもなるので、2次試験にも物理がある人によっては一石二鳥になるのです。実際に、ボクもエッセンスのおかげで、偏差値65まで達することができた。

最低でも4回以上は繰り返し復習をする

1冊の問題集を完璧にするためには、最低でも4回以上は繰り返し復習をしていく必要がある、と思って良いです。 あなたも、漢字や九九を覚えた時には、何回も繰り返し書いたり口出したりしたはずです。脳の構造上、何回も繰り返さない事には、絶対に覚えないようにできているのです。

しかし、ただ繰り返し解くだけでは退屈だし、モチベーションが保ちにくい。そこで、ゲーム感覚で復習をしていくように工夫をしていきます。

例えば、1周目の時には、10分で解けた問題があるとします。2周目の時に、同じ問題を解く時には7分で解けるように時間設定をするのです。 そして、3周目の時は5分、と言ったようにどんどん目標のハードルを上げていくと良いです。

些細な事でも疑うようにする

物理では、問題の設定が少し違うだけでも公式が使えなかったり、考え方を変えなければいけないことは多々ある。 そのような問題に正解するためには、物理に対する深い理解が必要になってくる。

では、深い理解をするために何をすべきかと言うと、些細な事でも疑いまくる事が必要になってくる。 疑わない事には知ろうと思わないし、知ろうと思わなければ理解できるわけがないのです。

疑うことは至って簡単です。例えば、波が強めあう時と弱め合う時の公式を習ったと思う。この2つの公式は非常によく似ているが、 弱め合う時だけ、公式に1/2が余計にくっ付いていたはずです。

では、「なぜ、弱め合う時には、公式に1/2が必要なのか?」このような疑問を持って、教科書やネットで調べる事で、波に関して深い理解を得ることができるのです。

確実に成績を上げたい人へ

あなたは、確実に成績を上げて志望校に合格したい、と思っていませんかか?

実際に、ボクも勉強をしても中々成績が上がらない時期がありましたが、 脳の活性化に良いサプリを飲むことで成績を上げることができました。

詳しくは、以下の記事に書いているので参考にしてください。

たった3か月でボクの偏差値を10上げてくれたサプリとは?実体験を元に紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連する記事