秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

古文参考書でボクの点数を上げてくれた4冊

古文参考書

古文の勉強の能率を上げるためには、良質な参考書を選び抜き、それを何周も繰り返して頭に染み込ませるのが良いです。

しかし、良質な古文参考書と言っても、ネットでは色々な情報が飛び交っているし、身近な先生や先輩も言っていることが全部違う。

そこでボクが受験生時代に使って、センター試験で45点を獲得した古文参考書を紹介したい。

これらの古文参考書はボクだけでなく、周りの友人たちも使ったことで成績が上がった良書ばかりなので、参考書選びの際に是非とも参考にして下さい。

スポンサーリンク


おすすめの古文参考書

古文では文法を覚えるだけでなく、自然な文章の中に出てくる文法項目を解釈していかないといけません。

富井の古典文法をはじめからていねいに【改訂版】 (東進ブックス 大学受験 名人の授業シリーズ)

そのためには、ただ文法が綺麗に整理されているだけでなく、自然な文章でも読めるように訓練していかないといけません。

それをサポートしてくれるのが「古典文法をはじめからていねいに」というものです。文法を覚えるには一番最適な参考書です。 これをしっかりやっておくだけで、忘れる事はなくなるし、文章を読む時も、文法が分からずに躓く事はなくなります。

富井の古文読解をはじめからていねいに―大学受験古文 (東進ブックス―気鋭の講師シリーズ)

次にやるべき古文参考書は「古典読解をはじめからていねいに」というものです。この参考書では、古文に重要な主語の見分け方を身に付ける ことができます。

あなたは、古文を読んでいる時、急に文章の意味が分からなくなる経験をしたことはないでしょうか?しかも、文章の意味が分からなくなる時は ほとんどの場合が、誰が話していたり、動作をしているか分からない時ではないだろうか。

このことから、古文では主語をいかに見分けられるかが重要になってくる。逆に言えば、主語さえわかれば単語などは少々分からなくても 文章は読んでいける。

古文上達 基礎編 読解と演習45
仲 光雄
Z会 (2006-03-10)
売り上げランキング: 328

ある程度単語と文法を覚えていけば、問題を解いていくのが良いです。センターを受ける人は過去問、私大2次の人はそれぞれの大学の過去問 をやっていきましょう。

もっと問題演習をやっていきたいと言う人は、「古文上達」と言う参考書で慣らしていきましょう。解説も詳しいし、問題集も十分にある。

古文上達 読解と演習56
小泉 貴
Z会出版 (1991-09-01)
売り上げランキング: 6,878

もっと難しい問題を解きたいと言う人であれば、この参考書が良いです。難関私大~国公立2次用と言える難易度です。

確実に成績を上げたい人へ

あなたは、確実に成績を上げて志望校に合格したい、と思っていませんかか?

もし、そうであれば、「Z会」で勉強をするのが良いです。Z会は、あなたの現在の学力や志望校、苦手分野に適した 教材を用意してくれるので、勉強に集中できます。

今なら資料請求をすれば、入試に頻出の問題が収録されている無料教材をゲットできるチャンスです。

>Z会の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連する記事