秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

「古文上達 基礎編 読解と演習45」の勉強法・使い方を紹介する

古文上達45

「古文の単語や文法を覚えて基礎固めをしたから、今度は実際に問題を解けるようになりたい。」

このように思っている受験生が使うべき問題集が、今回紹介する「古文上達 基礎編 読解と演習45」です。

本書は、センター対策・基礎固めのための1冊と言う印象が強い問題集だが、Marchや早稲田、東大を志望していて 古文が苦手な受験生にも最適な1冊となるでしょう。

そこで今回は、「古文上達 基礎編 読解と演習45」の使い方・勉強法を紹介していきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク


「古文上達 基礎編 読解と演習45」の使い方

本書「古文上達 基礎編 読解と演習45」は、以下の3つのステップに沿って勉強をすると、成績を効率よく伸ばすことができます。

1、古文単語や文法を覚えて基礎固めをしよう

本書がいくら基礎的な内容を扱っていると言っても、単語や文法を覚えていない段階で取り組んでも効果は薄い。

まだ、単語や文法を覚えていない人は、 「古文勉強法で知っておきたい7つのこと」や 「センター古文勉強法|2カ月で満点を取る方法」 の記事を参考にして、単語や文法を覚えることを先にしましょう。

本書は、長文問題を解きながら重要単語や重要文法を確認しながら勉強ができる工夫がされているので、 単語や文法を覚えた後に本書を解くことで、より記憶の定着がしやすくなるのです。

2、本書を3周以上繰り返し解こう

本書で勉強を行う時には、1回解くだけで終わるのではなく、最低でも3回は復習するようにしましょう。

なぜなら、本書には入試に頻出の重要単語・文法が豊富に掲載されているので、問題文を覚えるだけでかなり実力が付くからです。

それに45題解いた後には、古文はどの問題も類題に過ぎないことが分かるはずです。例えば、仏教のありがたい話とか、悲しい恋をした男女が和歌を読むとか。

3、レベルの高い問題に取り組もう

何度も繰り返し言うが、本書はあくまでも基礎固めのための問題集です。なので、これ1冊できただけでは、センターで満足な点数を取ることはできないでしょう。

なので、古文がセンター試験のみの人は、センター過去問を5年分(本試のみ)をやってセンター独特の問題に慣れていきましょう。 (先にセンターを解いて、その後「古文上達45」の順番でも良いかもしれない)

2次試験にも古文を受験する人は、本書の姉妹書である 「古文上達 読解と演習56」 を解くと良いです。

本書を対応している問題集なので、スムーズに問題に取り組めるはずです。

また、その他の姉妹書として 「最強の古文 読解と演習50」 が挙げられるが、これは問題が難しく、マニアックな問題を出す私大を受ける人以外は不要です。特に、国公立大志望の人は、絶対に必要のない問題集だと断言できます。

古文上達 読解と演習56
小泉貴
Z会出版 (1991-09-01)
売り上げランキング: 29,075

確実に成績を上げたい人へ

あなたは、確実に成績を上げて志望校に合格したい、と思っていませんかか?

もし、そうであれば、「Z会」で勉強をするのが良いです。Z会は、あなたの現在の学力や志望校、苦手分野に適した 教材を用意してくれるので、勉強に集中できます。

今なら資料請求をすれば、入試に頻出の問題が収録されている無料教材をゲットできるチャンスです。

>Z会の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連する記事