秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

黄チャートの使い方|偏差値65を突破するための4つの方法

黄チャート 使い方

「学校の同級生が結構持っていたから、勢いで買ってしまった」

このように、強い動機がなくてついつい黄チャートを手にした人も多いのではないでしょうか?

しかし、結果的には賢明な判断だったと言えます。なぜなら、黄チャートはあなたの偏差値を劇的に伸ばしてくれる問題集だからです。

そこで今回は、黄チャートの使い方を4つ紹介していきます。実際に、この勉強法を実践して偏差値が65まで上がった受験生もいるのです。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク


黄チャートだけで到達可能なレベル

あくまでも、黄チャートだけ使うと、センター数学では9割以上、偏差値60程度の2次試験で合格点は取れる様になります。

センター数学はもちろんだが、2次数学も、実は標準問題を完璧に解ければ余裕で合格点に到達できるように、問題が作られている。

1.例題だけを解くようにしよう

黄チャートには、基本例題、重要例題、練習問題、演習問題AB、総合問題と非常にバラエティーに富んだ問題が掲載されている。しかし、 これらの全ての問題を消化しようとなると、あまりにもハードルが高すぎる。

そこでオススメしたい黄チャートの使い方は、基本例題・重要例題だけを解くと言う使い方です。これだと、無理なく勉強を進める事ができるはずです。

おそらく、「例題だけで、本当に偏差値65に届くのか?」と不安に感じる人もいると思うが、全く問題ないです。手元にある黄チャートを見てもらえると分かるが、 練習問題、演習問題ABは、基本・重要例題と比べて、数字が変わっただけとか考え方が同じ問題ばかりなのです。なので、わざわざ同じ形式の問題をやる必要はないです。

逆に、総合問題は高難易度の問題です。大学入試は、2次数学で6割以上取れば余裕で合格できるので、総合問題の様な問題は全く解けなくても良いです。 つまり、時間をかけても対して成績が伸びないので、わざわざ時間をかけて勉強する必要はないです。

2.公式を確認しよう

まずは、ザッと公式の確認をしましょう。すでに授業で習った所を勉強するのであれば、公式の確認をせずに、いきなり問題を解き始めよう。

公式を確認する時は、ただ公式を丸暗記するのではなく、公式の証明を理解するのが重要になってくる。

なぜなら、公式を丸暗記してしまうと、地歴Bのように何回も覚え直さないといけないし、もし、公式の証明を理解して覚えてしまうと、たとえ公式を忘れても自分で公式を 導き出せるようなるからです。

黄チャートでも公式を理解して覚えることができるが、より効率よく公式をマスターしたい場合は、「高校数学公式活用事典」 を使うと、より理解が深まる。

3.実際に問題を解いていこう

公式を確認し終わったら、実際に問題を解いていきましょう。その時に、ただ闇雲に問題を解くのではなく、1日○問やると決めておいた方が、モチベーションを保ちやすくなります。

そして、問題を解いている時に、2分考えても全く解き方が思い浮かばない問題に関しては、すぐに答え合わせをしましょう。

学校の先生には、「数学の問題は最低でも10分は考えるように」と言われているかもしれませんが、この方法はオススメしないです。 なぜなら、ボク自身、2分考えても解き方が思い浮かばない問題を10分考えた所で解けたためしがないし、受験勉強は効率を重視すべきだ、と考えているからです。

しかし、2分間、問題を考えていると、「何かひらめきそうだな」と思う時がたまにあると思う。その時は、根気強く10分間みっちりと考える様にしましょう。 この場合は、良い思考力のトレーニングに繋がる。

4.間違えた問題は何度も解き直そう

黄チャートで間違えた問題は、最低でも3回は解き直すようにしましょう。勉強ができる人とできない人の差は、復習をやっているかどうかの部分が、 大きなウェイトを占めていると言っても過言ではないです。

理想を言えば、黄チャートを見なくても、頭の中で大体の問題の内容と解き方をイメージできるようになるまで、復習をすべきです。おそらく、偏差値65以上の人は、これくらいの事は 皆できているはずです。

この様な事を言うと、「やはり勉強は才能が重要か」と思うかもしれませんが、実は上に書いた事は何回も復習をしていけば、自然とできるようになるのです。このレベルに達するまで、ぜひ、 根気強く復習をしていってほしいです。

確実に成績を上げたい人へ

あなたは、確実に成績を上げて志望校に合格したい、と思っていませんかか?

もし、そうであれば、「Z会」で勉強をするのが良いです。Z会は、あなたの現在の学力や志望校、苦手分野に適した 教材を用意してくれるので、勉強に集中できます。

今なら資料請求をすれば、入試に頻出の問題が収録されている無料教材をゲットできるチャンスです。

>Z会の公式サイトを見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連する記事