秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

センター英語時間配分|今よりも10分余裕を持つために

センター英語時間配分

「センター英語で時間配分に失敗して、全部解け切れなかった」と言う受験生はあまりにも多すぎる。

その理由として、速読ができないからと言うのも挙げられるが、センター英語においては時間配分さえ間違っていなければ、誰にだって 全部解けるように問題が作られているのです。

そこで今回は、センター英語の時間配分、少しでも効率よく問題が解ける方法を紹介しようと思う。

実際に、ボクが試してみて効果のあった方法ばかりなので、是非参考にして下さい。

スポンサーリンク


多くの受験生が間違っている時間配分

もし、あなたがセンター英語で時間が足りないと思っている時は、以下のような時間配分になっていないだろうか。

きっちりと80分使っていて、模範的な問題の解き方をしていると思うかもしれないです。

しかし、実際に問題を解いていくと、予想以上に答えを探すのを手こずってしまったり、考え過ぎて余計に時間を使ったりとして、 簡単に上記の時間配分が狂ってしまいます。

センター英語を解いていくためには、もっと時間的なゆとりが必要です。なぜならば、入試本番は常に何が起こるか分からないからです。

正しいセンター英語の時間配分

これから紹介する時間配分は、センター英語を解く上で、誰にでもできる最強の時間配分だと確信しています。

上の時間配分と比較してもらえれば分かるが、発音問題と文法問題に時間をかけないのが一番賢い時間配分だと言えます。

「文法問題をたったの8分で解けるのか?」と疑問に思うかもしれませんが、逆に、文法問題は15分も20分も時間をかける方がおかしい。

発音と文法問題に時間をかけるのはおかしい

発音と文法問題は、言うならば、知識問題です。文系の人にとっては日本史や世界史、理系の人にとっては化学の無機分野にような 問題なのです。

つまり、発音・文法問題は「①~④の4択から選べ」と書かれているが、実は、知っているか、知らないかの2択問題 と言えます。

問題に問われている発音や文法を知っていれば、瞬殺できるし、知らなければ一生考えても解けないです。それが知識問題と言うものです。

なので、問題をパッと見て分からなければ、適当に2番とか3番にマークをして、次の問題に進んだ方が賢い選択です。発音・文法問題は 1問につき、たったの2点。長文は6点と高いので、長文に多くの時間を当てる方が点数も伸びるのは明白でしょう。

センター英語は長文問題が主戦場

センター英語では、発音や文法問題よりも、長文問題の方が配点が高く、重要度も大きい。なので、時間配分も自然と長文問題を多く 取るように設定しないといけません。

長文問題と言っても、大問ごとに問題の形式が違い、得意な大問なども個人差があるが、大体以下のような時間配分になるでしょう。

この時間配分はあくまで目安なので、一概には言えないが、第3問が一番時間がかかり、第5問が簡単な場合が多い。おそらく、新課程と なる2015年度以降も同じような問題の傾向だと言えます。

センター英語はつまづかないことが最重要課題

センター英語で時間以内に終わらないと言う人達の共通点は、何問かの問題につまづいてしまって、1問に5分も10分もかけて しまうことです。

センター英語は、読むスピードが多少遅くても、つまづかなければ、5分くらいは時間が余るように作られているのです。では、 問題につまづかないようにするには、何をすべきか?

それは、英単語と熟語、文法のマスター以外に他ないでしょう。英単語であれば、「ターゲット1900」の難単語を除く重要単語、 「NextStage」などの網羅形の文法問題集を何回も繰り返し復習をしマスターすれば、自ずとセンター試験の文章は読めるようになります。

それらをやり終えた後は、センター英語の過去問を使ってセンター慣れしていけば、時間が足りないと言う事態にならずに済むし、 センター英語で安定した点数を確保できるようになります。

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)
宮川 幸久
旺文社
売り上げランキング: 858
Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

まとめ

センター英語の時間配分については、少し意識するだけで、誰にでも簡単にできる方法です。次のセンター模試やセンター本番で実際に 試してみて、その破壊力を実感しましょう。

確実に成績を上げたい人へ

あなたは、確実に成績を上げて志望校に合格したい、と思っていませんかか?

実際に、ボクも勉強をしても中々成績が上がらない時期がありましたが、 脳の活性化に良いサプリを飲むことで成績を上げることができました。

詳しくは、以下の記事に書いているので参考にしてください。

たった3か月でボクの偏差値を10上げてくれたサプリとは?実体験を元に紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連する記事