秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

「ポレポレ英文読解プロセス50」のレベルや使い方・勉強法を紹介していく

「英単語や文法を覚えたのに、なかなか英語の点数が上がらない」と言う受験生は、多いのではないでしょうか?

そんな受験生にぜひともやってほしいのが、今回紹介する「ポレポレ英文読解プロセス50」です。 これは、センター9割や偏差値65以上を目指すのであれば、絶対に必要な「構文把握」の方法を学べる参考書です。

そこで今回は、そんなポレポレのレベルや使い方を紹介していきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク

「ポレポレ英文読解プロセス50」を使うのに適した学力は?

ポレポレを使うことで、あなたの英語の読解力は飛躍的に向上することができるが、使いこなすためにはある程度の単語力や文法の理解が必要です。

最低でも、センター模試の英語で7割以上を安定して取れる実力が欲しいところ。 もし、それ以下の実力であれば、ポレポレの前に英単語や「Next Stage」等の文法問題集で知識を増やす方が、点数は伸びる。

ただ、ある程度英語に自信があっても、本書は難しい内容を扱っているので、最初は戸惑うと思う。 しかし、何回も復習をしていくことで、確実に英語力を伸ばすことができます。

「ポレポレ英文読解プロセス50」の使い方・勉強法

以下は、「ポレポレ英文読解プロセス50」の勉強法を紹介していきます。

1、英文を訳すことを意識しない

本書には50の英文が掲載されていて、それぞれに日本語訳も載っているのが、「英文を訳せるようになる」のが本書の目的ではないです。

あくまでも、「主語、述語、関係詞、副詞がどれなのか?」と言った英文の構造(構文)を瞬時に理解できるようになることが、本書を使うの最大の目的です。

ポレポレのページの構成として、英文の次のページに日本語訳が載っていると思うが、そこはあまり重要ではないです。それよりも、英文と日本語訳の間に載っている解説が超重要なのです。

ポレポレの解説は、ただ「ここが主語で、ここが述語で、、」と結果だけを解説しているのではなく、その結果に至るまでのプロセス(流れ)を1から10まで解説してくれている。

なので、まずはこの解説を参考にしながら英文を読んでいき、「主語や述語をどのようにして見つけられるか」を体で覚えるようにしましょう。

2、分からない単語は単語帳で調べる

ポレポレは1993年初版の古い参考書なので、出てくる英単語もそれなりに難しいです。

なので、もし、英文に出てくる単語が分からなければ、自分の単語帳で調べて、その都度覚えるようにしましょう。

「辞書で調べたらいけないの?」と思うかもしれませんが、ポレポレに出てくる英単語の一部では、現在の入試に出ない(出にくい)ものも含まれている。

それに、そもそもポレポレは英単語を覚えることが目的ではないので、そこまでガッツリ調べる必要はないです。

3、長文読解を平行してやらない

ポレポレと並行して、長文問題集を使って長文読解をするのは非効率的です。

受験生の多くは、早く成績を上げたいあまり、長文問題を多く解きたがる傾向がある。

しかし、長文問題は結局の所、「英単語、文法、熟語、構文把握の総合問題」に過ぎないので、 長文問題を多く解くよりも、英単語、文法、熟語、構文把握の知識・理解を深めたほうが、 点数の伸びは大きいのです。

それに、ポレポレを3周以上繰り返して、瞬時に構文把握ができるようになれば、 長文問題も今までより正確に、早く解けるようになります。

ボクが偏差値10上げたとっておきの方法

あなたは、今すぐにでも偏差値を10上げて、志望校合格に大きく近づきたいと思っていませんか?

そんな人には、「美健知箋EPA&DHA」と言うサプリを取ることをオススメします。 実際に、ボクもこのサプリを上手く使うことで、偏差値を10上げることができました。

詳しくは、 「たった1か月でボクの偏差値を10上げてくれたサプリ「美健知箋EPA&DHA」を紹介する」 の記事に書いているので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連する記事