秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

「英語長文ハイパートレーニング」のレベルや使い方・勉強法を紹介する

英語長文ハイパートレーニングのレベルや使い方

あなたは、「英語長文ハイパートレーニングを買ったけど、どのように使えば良いのか分からない」と悩んでいませんか?

そこで今回は、英語長文ハイパートレーニングのレベルや使い方・勉強法を分かりやすく解説していきます。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

英語長文ハイパートレーニングの推奨レベル

ハイパートレーニングは全部で3種類の問題集が発売されていますが、この3種類をレベル別に分けると、

と言う風に分けることができます。

ハイパートレーニングのレベル2は「センター対策用」となっていますが、中にはセンターレベルよりも遥かに難しい問題が含まれています。(Unit1と4の問題)

なので、これらの問題はまず解かないで他の問題から先に解いていった方が、挫折せずにスムーズに成績を伸ばすことができますよ。

センター7~8割を目指す人はレベル1・2を、センター9割や国公立・私立(Marchや関関同立)で2次を受ける人はレベル2・3を勉強することで、 目標の点数に到達できます。

英語長文ハイパートレーニングの使い方・勉強法

まずは何も見ずに自力で問題を解く

まずは、教科書や単語帳などを一切見ずに、時間を測って自力で問題を解いていきましょう。 自力で解くことで、「自分の覚えていない単語はどれか?どのような問題でつまづきやすいか?」等の 自分の弱点が見えてきます。

それに入試の本番では、初めて見る問題が必ず出題されるので、そのような問題にどう対処するのかを 身に着けるのも大事なことなのです。

問題を解き終えた後は、ただ答え合わせをするだけではなく、「どの部分が理解できなかったから問題を解けなかったのか」を分析したり、 自分の知らなかった単語や表現があれば、それをノートなどにメモをしておいていつでも復習できるようにしましょう。

解いた長文は何回も解いてリズムをつかもう

1回解いた長文問題は、その後は何回も音読をしていき、その長文を全部覚えるまで繰り返し練習をしていきます。

よく「音読は最高の英語勉強法だ」と言う先生がいますが、それは音読をすることで英語独特のリズムを体で覚えられるので、 英語を読むスピード・理解するスピードが格段にアップするからなんですね。

しかし、ただ英語を音読するだめではダメで、「主語や述語、関係詞」などの英語の構文(文章の構造)をきちんと理解しながら 音読をする必要があります

最初は慣れないことをしているので全然できないと思いますが、何回か繰り返していくと脳の回路ができあがってくるので、 今までよりも英語長文を見る目が変わってくることが分かりますよ。

確実に成績を上げたい人へ

あなたは、確実に成績を上げて志望校に合格したい、と思っていませんかか?

実際に、ボクも勉強をしても中々成績が上がらない時期がありましたが、 脳の活性化に良いサプリを飲むことで成績を上げることができました。

詳しくは、以下の記事に書いているので参考にしてください。

たった3か月でボクの偏差値を10上げてくれたサプリとは?実体験を元に紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連する記事