秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

定期試験の物理勉強法で気を付けたいこと

あなたは、物理で定期試験は90点以上いくのに、模試になると全然点が取れないと言う悩みはないだろうか。

それとも、勉強を必死にしているのに定期試験ですら点数が取れないことで苦しんでいるのではないだろうか。

これらで悩んでいる人たちに共通していることは、定期試験で点を取ることだけしか考えていないから起こる 典型的な失敗例です。この考えは今すぐにでも振り払っていただきたい。

スポンサーリンク

定期試験での物理の勉強であなたに確認してほしいことが2点ある。それは

と言うことです。以下は、詳しく説明していきたい。

公式を理解した上で、その公式を使っているか?

高校の定期試験は基本的に努力をした人が点数を取れるように問題を作ってある。なので、物理の定期試験も公式を覚えていれば高得点 が取れるような問題になっている。

しかし、公式を覚えるだけではセンターと2次試験には到底太刀打ちできないのです。入試本番では公式が使えるかではなく、 公式を完璧に理解しているかが問われるのです。

このことがあって、定期試験では高得点だけど模試ではボロボロと言う人が出てくるのです。

では、定期試験でも模試でも高得点を取るにはどうすれば良いか。答えは公式を理解するという他ないです。

例えば、波の公式で、強めあう時は波長の整数個分とかの公式がある。では、逆位相になった時にどうして強めあう時は波長の半個分に 変わるのでしょうか?

公式を理解しておけば、こんな事はすごく当たり前のことだと思う。しかし、公式を理解していなければ難題と化す。

センターや2次では公式を理解していなければ高得点は望めないです。定期試験の時からしっかりと公式を理解するようにしましょう。

100点を取るつもりで勉強しているか?

物理はセンターと2次で満点が狙える教科です。なので、普段の定期試験から満点を狙っていきたい。

なぜ100点を目指すのかと言うと、物理は全ての事項が密接につながっているからです。何か分からない事が一つでもあると、その部分から 物理の理解は崩壊して、試験でも大打撃を受けることもある。

100点を取ろうと決意すれば、少しの取りこぼしがないように、教科書や問題集をスミからスミまで勉強しようと思う。そうすれば 定期試験での高得点はもちろん、入試でも高得点は望める。

ボクが偏差値10上げたとっておきの方法

あなたは、今すぐにでも偏差値を10上げて、志望校合格に大きく近づきたいと思っていませんか?

そんな人には、Z会の通信教育をオススメします。 実際に、ボクも宅浪の1年間の時に、Z会を利用することで偏差値を3ヶ月で10上げることができました。

今なら資料請求をすると、見本の教材が無料で手に入るので、興味のある人は資料請求をしてみると良いでしょう。

>>Z会の公式サイトはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連する記事