秘密結社旧帝大

大学受験勉強法の全てをここに記す

メニューを開く

「難問題の系統とその解き方物理I・II」のレベルや使い方・勉強を紹介する

あなたは、「難問題の系統とその解き方物理I・II」の問題集をどのように使えば良いのか、悩んでいないでしょうか?

そこで今回は、受験生の間でも「応用力が付く」との評判の本書のレベル、使い方・勉強法を紹介していきます。

ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク


「難問題の系統とその解き方物理I・II」のレベル・偏差値

「難問題の系統とその解き方物理I・II」を使うのは、記述模試で偏差値60以上を安定して出せるようになってからが望ましい。

なぜなら、本書は他の物理問題集に比べて解説の量が少なく、物理の基礎ができていない人にしてみれば、何を言っているのか分からない事が多いからです。

逆に言えば、物理の基礎ができている人からすると、ポイントになる部分だけを書いているので、効率よく学習ができます。

よって、本書は、物理の基礎を完成させた東大・京大・東工大志望の人向け、他の旧帝大や国公立大で、物理でライバルに差を付けたい人向けだと言えます。

「難問題の系統とその解き方物理I・II」の使い方・勉強法

本書で勉強を始める前に、少しでも基礎に不安のある人は「物理のエッセンス」や「良問の風」等の基礎問題集をしっかりやり込んでおこう。

また、本書を始める時期は、早ければ早いほど良いが、どんなに遅くても3年の夏から始めたい所です。

では、本書の使い方のポイントを紹介していきます。

1、最初は例題を何度も復習をする

本書は「例題」と「演習問題」が用意されているが、最初は「例題」だけを解いていくようにしましょう。

なぜなら、物理入試に必要な知識、問題パターンは例題に全て集約されている、と言っても過言ではなく、「演習問題」はあくまでも「例題のおまけ」と言う位置づけだからです。

見れば分かるように、例題の中にもずば抜けて難しい問題も中には含まれている。(例題1とか例題2とか)

もし、解説を読んでも分からない問題があれば、とりあえずその問題は置いといて、他の理解できる問題に取りかかるようにしましょう。

本書を3周ほど復習した時には、偏差値は65は軽く超えているでしょう。(偏差値70も夢ではない)

2、教科書や参考書も活用しよう

先ほども言ったように、本書の解説の量は少ないです。得意分野であれば問題ないが、苦手分野の場合は、中途半端な知識が付くだけになるリスクがある。

それを避けるためにも、教科書や参考書を使って、疑問に感じたことを調べるクセを付けておこう。

例えば、公式の証明や成り立ち、関連する事項などを調べていくと、より物理への理解が深まるはずです。

3、演習問題を解かない、と言う選択肢もあり

特に現役生は、他の教科との兼ね合いもあるので、本書の演習問題を解かないという選択肢も考えてよいです。

物理が苦手な人には信じられないかもしれませんが、物理は基礎をしっかりできれば、偏差値60とか65を出せたりする教科です。

つまり、物理では「どれだけ基礎をみっちりやるか?」が、勝負の分かれ目になるわけです。

しかし、本書の演習問題で扱っている内容は応用問題なので、大半の受験生にとっては、差を付けれるような問題ではないです。

なので、基本的には「例題を3周復習→余裕がある場合は演習問題」と言うスタンスで勉強をするほうが、全体的な成績の伸びは良いです。

難問題の系統とその解き方物理
服部 嗣雄
ニュートンプレス
売り上げランキング: 11,419

確実に成績を上げたい人へ

あなたは、確実に成績を上げて志望校に合格したい、と思っていませんかか?

実際に、ボクも勉強をしても中々成績が上がらない時期がありましたが、 脳の活性化に良いサプリを飲むことで成績を上げることができました。

詳しくは、以下の記事に書いているので参考にしてください。

たった3か月でボクの偏差値を10上げてくれたサプリとは?実体験を元に紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連する記事